しむら皮膚科クリニック

Botulinus toxin for hyperhidrosis

ボツリヌス・トキシンによる多汗症(脇の下、手、足、額)の治療

ボツリヌス・トキシンとは神経毒の一種です。皮下に注射することで発汗作用を行う筋肉の動きを抑え、エクリン腺から分泌される汗の量を抑えます。ワキの多汗症だけでなく、ワキガの方の症状も軽くなります。

注射後2~3日後から1週間の時間をかけて効果が現れ、その効果は3~6ヶ月持続します。

当院では韓国製のニューロノックス(Neuronox)を採用しています。従来品であるボトックスと同等の効果・安全性を有することが認められ、KFDA(韓国食品医薬品安全庁)に認可されています。
イオントフォレーシス塩化アルミニウム軟膏ミラドライによる治療も行っています。

治療の流れ

  1. 診察・カウンセリング
  2. 希望されれば、麻酔薬の塗布(約30分)
  3. 片わき約30箇所ずつ、前頭部20箇所ずつ、片手25箇所ずつ、片足25箇所ずつ注射します。

料金

初診料
3,000円
再診料
1,000円
処置料
27,000円(両脇)
40,000円(両手)
40,000円(両足)
20,000円(額)
麻酔料
1,000円

※別途、消費税を頂戴しております。

Q&A

Q. 傷跡は残りますか?

A. 注射の後が数日残りますが、傷跡は残りません。


Q. 汗は完全に止まりますか?

A. 治療前を100とすると20~40位まで発汗を軽減します。完全に止まるわけではありません。


Q. 誰でも受けられますか?

A. 過去にボツリヌス・トキシンによるアレルギー反応が出たことのある方は受けられません。また、妊娠・授乳中の方も受けられません。


Q. 痛みはありますか?

A. 麻酔なしでも十分に我慢できる程度の痛みです。希望されれば、塗り薬による麻酔を行います。


Q. アフターケアは?

A. 特に必要ありません。通常通りの日常生活を行うことができます。当日から入浴可能です。