しむら皮膚科クリニック

Iontophoresis

イオントフォレーシス

イオントフォレーシスとは、多汗症の部位を水道水に浸し、そこに弱い電流を流し(電気分解)、汗腺(エクリン腺・アポクリン腺)にダメージを与えることにより汗の生成を抑制する多汗症の治療法です。

治療できる部位は、手のひら・足のひらになります。
保険適応となり、治療費は3割負担で1回660円となります。

脇・手・足・額の多汗症に対しては、ボツリヌス・トキシン注射による治療も行っています。
脇の多汗症・ワキガに対しては、ミラドライによる治療も行っています。
手のひら・足のひらの多汗症に対しては、塩化アルミニウム軟膏外用による治療も行っています。

治療の流れ

  1. 治療部位を水道水で浸し、電流を流します。
  2. 耐えられる強さまで電流を強くします。
  3. 15分で終了です。

はじめのうちは週に2~3回、よくなってからは週に1回通院となります。
定期的に治療を行う必要がありますので、通院困難な場合は機器の購入のサポートもいたします。価格は12万円となります。