しむら皮膚科クリニック

Photodynamic therapy

イボ光線力学療法(PDT フォトダイナミックセラピー)

アミノレブリン酸という物質は、皮膚の腫瘍やイボに選択的に取り込まれます。過剰に取り込まれたアミノレブリン酸は、細胞のミトコンドリア内で光感受性があるプロトポルフィリンという物質に代謝変換されます。そこに波長600~700nmの光線を当てることにより、光化学反応がおき活性酸素が産生され組織の破壊が引き起こされます。その作用を利用して、イボを良くしようとする治療が光線力学療法(PDT フォトダイナミックセラピー)です。

イボ光線力学療法の特徴

  • 従来の治療に反応しなかったイボがよくなる
  • 平均7回の治療で、治癒率は60~75%
  • 痛みが少ない

症例写真

液体窒素療法を14回施行しましたが改善が見られなかったため、光線力学療法を開始しました。


光線力学療法を3回施行し治癒しました。


治療の流れ

  1. アミノレブリン酸軟膏をイボの上に塗布します。
  2. 塗布したところをラップで覆い、さらにアルミホイルで覆い、テープで固定します。
  3. 4時間そのままとし、アミノレブリン酸をイボに吸収させます。
  4. ラップ・アルミホイルを剥がし、皮膚表面のアミノレブリン酸軟膏を拭き取ります。
  5. LED(発光ダイオード)治療器を用い、赤色光を20~30分照射します。

紫外線ライトを用いて、アミノレブリン酸が吸収されているかを確認しています。吸収されているところはオレンジ色の蛍光を発しています。

料金

クレジットカードが使用できます。

初診料
3,000円
再診料
1,000円
処置料
1箇所 6,000円
肛門周囲のコンジローマ 10,000円

※別途、消費税を頂戴しております。

Q&A

Q. 施術時間はどれくらい?

A. 軟膏を塗ってから吸収させるまでの時間が4時間かかります。軟膏をお渡しして、自宅で塗ってきていただきます。1回の照射時間が30分ほどです。足と手の2ヶ所など同時に照射出来ない場合は、約1時間かかります。


Q. 痛みはあるの?

A. LED(発光ダイオード)照射時にチリチリとした感じが生じることがあります。まれに強い痛みを感じることがあります。


Q. 通い方は?

A. 1~2週間に1度のペースで行っていきます。


Q. 注意点は?

A. 可視光線(目で見える光)に敏感な状態が12~24時間続きます。当日、翌日は強い光(日光、室内灯)を当てないようにしてください。


Q. 副作用はあるの?

A. 色素沈着が起こる可能性がありますが、もし起こしても時間とともに治っていきます。