経結膜下脱脂法

経結膜下脱脂法(けいけつまくかだっしほう)とは、目の下のふくらみ(目袋)を、まぶたの裏側から除去する施術です。 
目の下のふくらみ(目袋)は眼窩脂肪(がんかしぼう)といって、眼球の下の脂肪がはみ出すことで起こります。
経結膜下脱脂法は下まぶたの裏側から脂肪を取るので、お肌を傷つけることなく手術を行うことができ、傷跡もできません。
疲れた印象や、老けた外見の原因となる目の下のふくらみ(目袋)を取ることで、すっきりとした若々しい印象の目元に改善します。

経結膜下脱脂法の適応

  • 目の下の膨らみや、くまが気になる
  • 「疲れてる?」とよく聞かれる
  • 顔に傷ができない施術がいい
  • すっきりとした若々しい目元にしたい

施術の流れ

  1. 診察
    状態を確認します。記録写真をとります。
  2. 麻酔
    下まぶたの裏側に局所麻酔を行います。少しだけ痛みがあります。麻酔後5~10分して施術致します。
  3. 手術
    結膜部分を切開し、脂肪を除去して目元の形を整えます。およそ40分程度で終了です。

手術料金

 

自費診療

  • クレジットカードをご使用いただけます。
初診料

3,300円

再診料

1,100円

片側 

88,000円

両側

165,000円

※表示価格は税込です。

合併症・副作用

腫れ・むくみ

泣いた後のような腫れが起きる場合があります。3~7日程度で落ち着きます。

内出血

軽い内出血を起こす場合がありますが1~2週間ほどで治まります。

左右非対称

元々左右対称のお顔の方はいらっしゃらないので、最小限になるよう努力はいたしますが左右差はごくわずかでもうまれてしまうことをご了承ください。

Q&A

Q. 手術は痛いですか?

A. 局所麻酔時に痛みがありますが、手術中は痛みはありません。

Q. 手術後は痛いですか?

A. 痛むことは、ほぼございません。念の為、痛み止めを処方いたします。

Q. 傷跡は残りますか?

A. 術後しばらくは腫れや赤みが生じますが、切開する場所はまぶたの裏側なのでお顔の表面に傷はできません。

Q. 抜糸はしますか?

A. 下まぶたの裏側の粘膜は縫合しなくても自然と治りますので、抜糸は必要ありません。

Q. 一度施術すれば、もうたるむことはありませんか?

A. 加齢と共に目の奥から再び脂肪が溢れてくることがありますが、一度たるみを除去しているので軽減されるかと思います。

Q. 洗顔はいつからできますか?

A. 術後翌日から可能になります。

Q. 入浴やシャワーはいつからできますか?

A. 手術当日から可能です。

Q. メイクはいつからできますか?

A. 術後翌日から可能です。