しむら皮膚科クリニック

Spot

シミ

シミの種類

シミには色々な種類があり、それぞれに合った治療法があります。診断・治療法を間違えると、シミが薄くならないことや、かえって悪化してしまうこともあります。治療前にしみを正確に診断することはとても大切です。
当院では、スキンアナライザーを用いて正確な診断を行い、治療を行っています。

老人性色素斑
境目がはっきりとした丸い平らなシミ


肝斑(かんぱん)
頬骨の上にある境目のはっきりとしない広いシミ


老人性イボ(脂漏性角化症)
表面がつぶつぶとした肌色~茶色の小さいなできもの


真皮メラノサイトーシス
頬骨の所に小さなシミが多数できるもの


ソバカス(雀卵斑)
両頬~鼻の付け根にかけて小さなシミが多数できるもの


老人性色素斑

紫外線によるシミで、顔・手の甲・腕など、日光によくあたる部分にできる茶色いシミです。最初は色が薄く目立ちませんが、少しずつ濃くなり境目がはっきりしてきます。原因は紫外線によるシミですから、日焼け止めなどの紫外線対策をしっかり行うことが有効です。「老人性」という名前がついていますが、20代後半から出てくることもあります。


治療
Qスイッチルビーレーザートレチノインゲル外用アイソレイズ

肝斑

肌が浅黒い人に出来易いシミです。頬骨を起点として境界がはっきりとせずに広めに生じてきます。妊娠時に濃くなることから女性ホルモンによる影響もあると考えられていますが、洗顔時のこすり過ぎが一番の原因と考えられます。こすり洗いをやめ、トラネキサム酸・ビタミンCを内服することによりかなり薄くすることが出来ます。治りが悪い場合はトレチノインゲルを併用するのも効果的です。


治療
トラネキサム酸内服(保険適応)、トレチノインゲル外用レーザートーニング

老人性イボ(脂漏性角化症)

日光露出部に生じる茶色いできもので紫外線の関与が言われています。2~20mmぐらいの類円形で少し隆起しています。年齢が上がるとともに徐々に増えていき、60歳を超えるとほとんどの人に出現すると言われています。「老人性」という名前がついていますが、20代後半から出てくることもあります。
保険適応の液体窒素でも治療できますが、液体窒素ですと治療後に生じる炎症後色素沈着の範囲が広くなりきれいになるまで時間がかかることが多いです。


治療
液体窒素(保険適応)、炭酸ガス(CO2)レーザー

後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)

原因はよくわかっていないシミです。頬骨~下まぶたに左右対称性に生じ、色調は灰色や褐色でややくすんで見えることがあります。肝斑と合併して生じることが多く、合併している場合はレーザー治療前にトレチノインゲル外用の前治療が必要になります。回数・時間はかかりますが、レーザーでかなりきれいに出来ます。


治療
Qスイッチルビーレーザートレチノインゲル外用

ソバカス(雀卵斑)

小学生頃から生じる遺伝性が言われているシミです。思春期以降に濃くなり中高年になると目立たなくなってきます。紫外線・妊娠で濃くなることもあります。1~5mmの褐色斑が両頬~鼻の付け根に多発します。顔面全体に生じる場合も少なくありません。治療に対する反応は悪くありませんが、再発する可能性があります。


治療
レーザーフェイシャルQスイッチルビーレーザーアイソレイズレーザートーニング