尋常性白斑とは|Vitiligo

尋常性白斑

尋常性白斑とは

尋常性白斑とは、境界が明瞭に肌の色が白く抜けてくる病気です。(尋常性とは「普通の」という意味です。)毛髪部に生じると白髪になることが多いです。
3つのタイプがあります。

1.全身に左右対称に見られる汎発型
2.単発~数個の白斑が部分的に生じてくる限局型
3.皮膚の神経に沿う分節型

汎発型は全年齢層に生じ、新生と悪化を繰り返しながら、徐々に広がります。
分節型の多くは小児または若年者に生じ、20~30%で自然軽快します。

原因

白斑はメラニン色素をつくるメラニン細胞の消失あるいはメラニン色素をつくる機能が停止することにより生じます。その原因はいまだ不明ですが、大きく2つの説が言われています。

自己免疫説

本来、免疫とは外から体内に入ってくるウイルス・細菌を排除する働きをする機構を指します。なんらかの原因で体内にある細胞などを攻撃するようになった状態を自己免疫といいます。白斑の場合は、メラニン色素をつくるメラニン細胞に対する免疫反応が起き、メラノサイトを破壊します。汎発型の尋常性白斑はこの機序が考えられています。

神経説

白斑の分布が神経の支配領域に一致することや白斑部に一致して自律神経の変化(発汗異常)が認められることがあります。また、皮膚の神経終末とメラニン細胞が接続されていることが明らかにされました。それらのことから、分節型の尋常性白斑では神経説が考えれています。

治療

残念がら,現時点で根本治療はありません。以下にあげる様々な治療がありますが、様々な治療があるということは確実に効く治療がないことの裏返してでもあります。

外用治療

  • ステロイド外用
    • 内服に比べて全身に及ぼす副作用が少ない点からよく用いられます。病初期の白斑に対しては色素の再生がみられることが多いですが、古い白斑では効かなくなります。分節型では効果は少ないです
  • ビタミンD外用
    • 単独外用で効果がみられることもありますが、紫外線治療との併用でさらに効果があるとの報告もあります。長期間使用しても副作用が生じにくい治療です。
  • 免疫抑制剤外用(プロトピック)
    • 本来はアトピー性皮膚炎の治療剤であり保険適応外ですが、効果がみられることがあり、ステロイド外用の副作用が出やすい顔面の白斑に用いられことが多いです。紫外線治療との併用は出来ません。

紫外線治療

  • PUVA(プーバ)
    • PUVAは光化学療法ともよばれる紫外線治療法の一つです。オクソラレンという光感受性薬剤を前もって塗布または内服したのち、紫外線照射装置で長波長紫外線(UVA)を発するランプの照射を受けます。
  • ナローバンドUVB
    • 中波長紫外線(UVB)のうち治療に有効な波長(311nm)のみを選択的に発するランプを用いて照射を行います。PUVAのように前もって光感受性薬剤の塗布や内服は必要ありませんので簡便です。
    • 当院で治療が受けられます。詳しくはこちら
  • エキシマライト、MEL
    • 紫外線治療の中で最新の治療です。小範囲に強度の強い308nmの中波長紫外線(UVB)を照射します。従来の紫外線治療で効果がなかった場合でも効果が出ることがあります。
    • 当院で治療が受けられます。詳しくはこちら

手術(皮膚移植)

拡大の止まった分節型の白斑が適応になります。次の2つの方法があります。吸引水疱法は白斑の面積が広い場合、ミニグラフト法は白斑の面積が狭い場合に用います。

  • 吸引水疱法
    • 白斑部の表皮をPUVAを用いて剥離します。お尻や太ももの正常皮膚に注射器を押しつけ吸引し陰圧をかけることにより水疱を作り、表皮を採取します。その表皮を白斑部に移植します。
  • ミニグラフト法
    • 当院で治療が受けられます。詳しくはこちら

脱色療法

シミ・くすみ

しわ・たるみ

小顔治療

脱毛

ダイエット

その他

ブログ.gif

診療時間18:30(205).png

住 所

  • 〒950-0916
  • 新潟市中央区米山5-9-11
  • 北越高校前
  • 地図クリックすると拡大します。

電話番号

  • 025-248-2000

メール問い合わせ

メール問い合わせ

携帯HP

Qコード
docomo
Au
Soft Bank

クレジットカード

creditcard.gif