プロペシア ミノキシジルタブレッ ザガーロ男性型脱毛症

プロペシア、ミノキシジル、ザガーロ

box1mg_towa.jpgプロペシアとは、一般名フィナステリドと呼ばれ米国メルク社が開発し、 現在すでに世界60カ国以上で承認されている世界で初めて医師が処方する1日1回の内服による男性型脱毛症用薬(AGA治療薬)です。 日本では、MSD株式会社(旧:万有製薬)が2001年よりプロペシアの臨床試験を開始し、2003年に厚生労働省へ承認申請をして2005年12月より国内にて発売開始されております。2015年より、より安く購入できるジェネリック薬の販売が始まっており、当院でも採用しています。
ミノキシジルタブレットは、育毛剤であるリアップの主成分ミノキシジルの飲み薬です。プロペシアと異なる発毛機序で発毛を促し、プロペアシア・ザガーロと併用することで相乗効果が生まれ、短期間での発毛を実現します。

ザガーロ(一般名 デュタステリド)は、2015年9月にAGAに対して承認された新しい治療薬です。プロペシアと同系統のお薬ですが、プロペシアよりも効果が30%ほど高いとされています。
プロペシア、ミノキシジルタブレット、ザガーロによる男性型脱毛症(AGA)の治療は、自費診療となります。

当院では、患者さんの症状により各薬剤を効果的に組み合わせた内服方法を提案しております。

男性型脱毛症(AGA)の原因

男性型脱毛症(AGA)の主な原因物質は毛根部のDHT(ジヒドロテストステロン)です。 AGAでは脱毛部分に多量のDHTが確認されています。男性ホルモンであるテストステロンから5α-還元酵素によってDHTは作られ、このDHTが多くできると頭髪の成長期が終了します。そのため頭髪が太い毛に成長する前に抜けてしまい、細くて短い頭髪が多くなって薄毛の状態になっていきます。

プロペシア(フィナステリド)の作用機序

プロペシアは、5α-還元酵素の働きを妨害することにより、テストステロンからDHTが作られないように働きかけます。これにより成長期が長くなり細くなった髪の毛にコシが出てきたり、休止期にある毛穴からの毛髪も成長しAGA改善の効果が期待できます。

ミノキシジルの作用機序

ミノキシジルの発毛効果の詳細はまだはっきりしていませんが、毛母細胞の分裂を活性化させ、ヘアサイクルの成長期を延長する効果があることが分かっています。

症例写真

症例1

フィナステリド ミノキシジルタブレット 治療前
治療前

フィナステリド ミノキシジルタブレット 治療後
5ヶ月内服
フィナステリド・ミノキシジルタブレットを5ヶ月内服

症例2

フィナステリド ミノキシジルタブレット 治療前
治療前

フィナステリド ミノキシジルタブレット 治療後
4ヶ月内服
フィナステリド・ミノキシジルタブレットを4ヶ月内服

症例3

ミフィ3ヶ月.jpg
治療前

フィナステリド ミノキシジルタブレット 治療後
3ヶ月内服
フィナステリド・ミノキシジルタブレットを3ヶ月内服

症例4

フィナステリド ミノキシジルタブレット 治療前
治療前

フィナステリド ミノキシジルタブレット 治療後
5ヶ月内服
フィナステリド・ミノキシジルタブレットを5ヶ月内服

料 金

初診料
3,000円
再診料
1,000円
薬剤料
プロペシア 9,000円(4週間分)
フィナステリド(プロペシアジェネリック) 7,700円(4週間分)
ザガーロ 11,000円(4週間分)
ザガーロ同等品 9,000円(4週間分)
ミノキシジルタブレット5mg 9,000円(4週間分)
ミノキシジルタブレット10mg 11,000円(4週間分)
5%ミノキジルローション 7,000円

 ※フィナステリド単独よりも、フィナステリド・ミノキシジルタブレット併用療法をお勧めします。交互に飲む方法(月8,350円)か、併用する方法(月16,700円)があり、前者よりも後者のほうが強い発毛効果が得られます。
 ※別途、消費税を頂戴しております。
 ※クレジットカードをご利用いただけます。

治療レベル

以下の順で治療の効果が強くなります。

  1. フィナステリド単独(7,700円/月)
  2. ザガーロ同等品単独(9,000円/月)
  3. フィナステリド、ミノキシジル5mgを交互に内服(8,350円/月)
  4. ザガーロ同等品、ミノキシジル5mgを交互に内服(9,000円/月)
  5. フィナステリド、ミノキシジル10mgを交互に内服(9,350円/月)
  6. ザガーロ同等品、ミノキシジル10mgを交互に内服(10,000円/月)
  7. フィナステリド、ミノキシジル5mgの両剤を内服(16,700円/月)
  8. ザガーロ同等品、ミノキシジル5mgの両剤を内服(18,000円/月)
  9. フィナステリド、ミノキシジル10mgの両剤を内服(18,700円/月)
  10. ザガーロ同等品、ミノキシジル10mgの両剤を内服(20,000円/月)

オンライン診察(遠隔医療)

当院ではAGA治療に対して、オンライン診察(スマホ・パソコンをつかった診察)を行っております。AGAの方は新患でもオンライン診察をお受けいただけます。パソコンの場合、カメラ・マイクが必要です。また、パソコンの方はchromeというブラウザのインストールが必要です。アプリのダウンロードは、アンドロイドの方はこちら、iPhoneの方はこちらになります。
パソコンの方はクロームブラウザからこちらをクリック

オンライン診察の大まかな流れ

1.アカウント作成

2.しむら皮膚科クリニックを探す

3.診察を予約。再診の方は再診コードEMP3VDJAを入力してください。

4.ご自身の情報(氏名等、クレジットカード、問診票)を登録

5.予約時間になりましたら、PC、スマホ、タブレットのカメラ・マイクを使って診察

6.登録されたクレジットカードでお支払いが完了します。

7.後日、お薬が郵送されます。

Q&A

Q. 誰でも服用できますか?

A. 20歳~65歳の男性の方に限らせて頂いています。女性はミノキシジル内服、ミノキシジルローション、ミノキシジルαローションによる治療を行います。

Q. 必ず効果がでますか?

A. ほとんどの患者さんで、2~6ヶ月で発毛(改善)の兆候が見られます。しかしながら効果には個人差がありますので、発毛の保証は致しかねます。

Q. 副作用はどんなものがありますか?

A. ミノキシジルタブレットでは体毛が濃くなる副作用がみられます。また、初期脱毛といって飲み始めの1ヶ月のうちに抜け毛が増える時期が1週間ほど起こることが多いです。

Q. 薬はいつ飲めばいいですか?

A. どのタイミングで飲まれても構いません。習慣化するためにある程度決まった時間に服用していただくことをお勧めします。

Q. 飲み忘れた場合はどうしたらいいですか?

A. 飲み忘れた場合でも翌日に2日分の内服はしないで下さい。翌日は1日分の内服として下さい。

Q. ずっと継続しなければいけませんか?

A. 薬の作用によって発毛効果が出ています。服用を中止すると元の状態に戻っていき、AGAが進行する可能性があります。ある程度、発毛した後にプロペシアの内服に切り替えると維持出来る可能性はあります。

Q. 治療を始めたら抜け毛が増えたような気がするのですが?

A. 服用開始後2~3週して脱毛が増えたように感じる初期脱毛が起こる場合があります。その後は脱毛がおさまって来ますので、ご安心下さい。

Q. 献血はできますか?

A. プロペシア、フィナステリド、ザガーロ、アボルブの内服中および内服終了後1ヶ月は献血ができません。

シミ・くすみ

しわ・たるみ

小顔治療

脱毛

ダイエット

その他

ブログ.gif

診療時間18:30(205).png

住 所

  • 〒950-0916
  • 新潟市中央区米山5-9-11
  • 北越高校前
  • 地図クリックすると拡大します。

電話番号

  • 025-248-2000

メール問い合わせ

メール問い合わせ

携帯HP

Qコード
docomo
Au
Soft Bank

クレジットカード

creditcard.gif