しむら皮膚科クリニック



PRP

PRP(多血小板血漿)によるシワ・凹みの治療

PRP(多血小板血漿)療法は、ご自身の血液から血小板という成分を濃縮して取り出し、それをシワや凹みの部分に注射することにより、毛細血管の新生やコラーゲンの産生を促し、シワや凹みを改善する治療です。血小板には多数の成長因子が含まれ、その成長因子によって、特に真皮の再生が促されます。1年以内に吸収されてしまうヒアルロン酸による治療と違い、いい状態は数年間は維持されます。

美容領域で行われるPRP療法には、bFGF(線維芽細胞成長因子)を使用する方法とbFGFを使用しない方法が行われています。bFGFを使用すると効果が出やすいメリットがありますが、効果が出すぎて期待以上に膨らんでしまったということが起こる可能性があるデメリットがあります。特にbFGFが使用されるようになった初期には至適濃度が決まっていなかったため、膨らみすぎてしまう副作用が起こることが少なくなかったようです。
現在では、bFGFを至適とされる濃度で使用したときの膨らみ過ぎの合併症が起こる可能性は1%未満ということが分かっています。参考文献はこちら(PDFファイルです)
当院では、より良い結果を出すためにbFGFを使用したPRP療法を行っております。上記の参考文献と同じ条件での施術となります。

PRP療法の特徴

  • 自分の組織を再生することにより効果がでる。
  • 効果発現は治療後2ヶ月以上かかる。
  • 効果は数年持続する。

治療の流れ

  1. 医師による診察・スタッフによるカウンセリング
  2. 採血
  3. PRP作成(40分位)
  4. PRP注入(5分位)
  5. アフターケアの説明

ダウンタイム・合併症

内出血

鋭針(尖った針)を使用しますのでどうしても内出血してしまうことがあります。内出血が起きた場合でも2週間以内には消失いたします。
なるべく内出血が起きないように極細の針を使用しています。

腫れ

目の下に施術を行った時に起きることがあります。2週間程で消失します。

膨らみ

期待する以上に膨らんでしまう合併症が起こる可能性があります(1%未満)。膨らみが一度生じてしまうと消失するまで数年かかります。もし起きてしまった場合は、なるべく早く消失するように注射による治療を行います。

症例写真

症例1

PRP(多血小板血漿)治療前
治療前


PRP(多血小板血漿)治療後
1回治療半年後
ほうれい線が自然な感じで浅くなっています。


1回治療。治療費10万円(税別)。

料金

※クレジットカードが使用できます。

初診料
3,000円
再診料
1,000円
施術料
1部位 100,000円
2部位 180,000円
3部位 250,000円
2回目以降 半額

※別途、消費税を頂戴しております。
※治療部位は、ほうれい線・ゴルゴライン・マリオネットライン・上まぶたのくぼみとなります。
※左右で1部位です。例:両方のほうれい線で1部位

Q&A

Q. 治療後にメイクは可能ですか?

A. 治療後、メイクをした状態で帰宅できます。


Q. 腫れたりしませんか?

A. ゴルゴラインへの施術時に腫れることがあります。ゴルゴライン施術時は腫れ止めを処方いたします。


Q. 赤くなりますか?

A. まれに治療後は赤みが数日〜1週間出ることがあります。化粧でカバーできる程度です。


Q. 痛くありませんか?

A. 我慢できる範囲内での痛みがあります。希望されれば、プラス1,000円で塗る麻酔をしてから施術いたします。


Q. 通院はどれくらいの間隔ですか?

A. 月1度の施術が必要です。


Q. どれくらいで効果を実感できますか?

A. 施術後1~3ヶ月ほどで効果を実感できます。