しむら皮膚科クリニック

Condyloma acuminatum

尖圭コンジローマの治療

尖圭コンジローマは、亀頭・陰茎・外陰部・肛門周囲などのいわゆる陰部に多発するイボでヒト乳頭腫ウイルス(HPV)の感染によって発症します。潜伏期間は1~8ヶ月とされています。自然治癒することもありますが、数年以上経ってから再発することもあり、ウィルス自体は完全に排除できないとも言われています。
陰部に症状のないイボができ、次々と増数・増殖していきます。放置するとカリフラワー状とも称されるほど巨大なイボを形成することもあります。
治療は薬剤治療と手術治療になります。一長一短あり、どちらが良いと一概には言えませんが、数が多い場合はまずは手術を行うことをおすすめします。手術をしても再発することも多いのですが、その後薬剤治療を選択した場合、イボの数が減っているので治療がやりやすいためです。
いずれにせよ再発も多く、根気強く治療を続ける必要があります。

治療法

薬物治療

■ヨクイニン内服
ハトムギエキスの漢方であるヨクイニンを内服する治療法です。ハトムギエキスには免疫賦活作用・抗腫瘍作用があるとされています。当院でこの治療が受けられます。保険診療になります。

■ベセルナクリーム外用
免疫賦活作用のあるイミキモドを主成分とするクリームです。週に3回に最大で16週間まで使用します。当院でこの治療が受けられます。保険診療になります。

■ポドフィリン液
毒性の強い樹液を精製した薬剤で組織腐食作用があります。当院でこの治療が受けられます。自費診療で15,000円/本です。

■5FU軟膏・ブレオマイシン軟膏
抗癌剤の軟膏でDNA合成阻害作用があります。当院でこの治療が受けられます。

光線力学的療法(PDT)

アミノレブリン酸という物質をコンジローマに取り込ませた後に赤色光を当てることによりコンジローマを破壊します。肛門周囲のコンジローマが良い適応となります。当院でこの治療が受けられます。

手術治療

■液体窒素療法
マイナス193度の液体窒素を病変部にあて凍結・融解を繰り返すことによって組織を破壊する治療です。週に1度のペースで治療します。当院でこの治療が受けられます。保険診療になります。

■電気メス手術
局所麻酔をした後、電気メスで病変部を切除します。1回の治療で一旦はなくなりますが再発も少なくありません。治療費は3割負担で 9,000~15,000円位です。初診日に手術可能です。当院でこの治療が受けられます。

■炭酸ガスレーザー蒸散手術
局所麻酔をした後、炭酸ガスレーザーで病変部を蒸散させます。1回の治療で一旦はなくなりますが再発も少なくありません。治療費は3割負担で9,000円~15,000円位です。初診日に手術可能です。当院でこの治療が受けられます。