HOME > アートメイク > アートメイク

医療アートメイク

PERMANENT MAKEUP

医療アートメイクとは

医療アートメイクとは医師の管理の下、皮膚の浅い表皮に専用の針で色素を入れる施術です。
それにより持続性があり、汗や皮脂などで落ちにくいメイクとなります。
 
刺青やタトゥーのようなものと思われている方も多いのですが、真皮に色素を入れる半永久的な刺青やタトゥーとは異なります。
医療アートメイクは表皮層に色素を入れるため、新陳代謝やターンオーバーによりアートメイクは色が薄くなっていくのが特徴です。
 
東京でフリーでアートメイクをしている野村看護師がカウンセリング・施術を担当いたします。

アートメイクの適応

眉のアートメイク

  • 眉が時間の経過や汗などともに消えてしまう
  • メイクに毎朝時間がかかる
  • 自分に似合う眉の形がわからない
  • 自眉の形が左右違う
  • 自眉が薄い
  • 眉を抜きすぎて生えてこなくなった
  • メイクしていない時もキレイに見せたい

唇のアートメイク

  • 口紅が飲食や時間の経過とともに消えてしまう
  • 口紅がマスクの内側に付着するのが気になる
  • メイクの時間を短縮した
  • 唇の色が悪いのが気になる
  • 理想の唇にしたい
  • メイクしていない時もキレイに見せたい

ヘアラインのアートメイク

  • 生え際の後退が気になる
  • おでこが広いのが気になる
  • 小顔に見せたい
  • 前髪をアップにした髪型にしたい
  • 理想の額にしたい

アートメイクとタトゥーの違い

アートメイクとタトゥーの違い

針を用いて皮膚に色を入れる施術である点は同じではありますが、刺青やタトゥーと違い、アートメイクは永久的に持続しません。
タトゥーは皮膚の真皮にまで針を入れる一方で、アートメイクは表皮部分にピグメント(色素)を入れていきます。
 
アートメイクの持続期間は約1~3年と言われていますが、施術後のアフターケアや肌質、ライフスタイルによって変動し、個人差があります

対応可能部位

アートメイク対応部位

症例写真

野村看護師が施術した症例です。

症例1

眉のアートメイク施術前

施術前

 

眉のアートメイク施術前

施術後

症例2

男性の眉のアートメイク施術前

施術前

 

男性の眉のアートメイク施術前

施術後

症例3

眉のアートメイク施術前

施術前

 

眉のアートメイク施術前

施術後

症例4

ヘアラインのアートメイク施術前

施術前

 

ヘアラインのアートメイク施術前

施術後

施術の流れ

 

  1. カウンセリング
    カウンセリングシートを元に施術やご注意点を説明します。心配なこと、不安なことなど何でもご相談ください。
  2. 医師による診察
    医師がお肌の状態やアレルギーなどの最終チェックを行います。
  3. デザイン
    輪郭・骨格・表情筋などといった、お顔のバランスを丁寧に確認し、理想のデザインをつくっていきます。
  4. 麻酔
    塗る麻酔で行うと表面がフヤケて施術がしにくくなるので先の尖ってない針を用いた注射による麻酔を行います。ご希望されれば塗る麻酔も選択可能です。
  5. 施術
    使い捨ての針にインクをつけながら丁寧に彫り進めます。デザインチェックを行いながら、仕上げていきます。
  6. アフターケア
    施術終了後に、ケアの方法や注意事項をご説明いたします。経過についてご心配な点などございましたらお気軽にお電話またはLINEでご相談ください。

料金

診察料

0円

眉/非モニター価格

毛並み/パウダー 1回ごと 55,000円(コンビネーションにする場合は+5,500円)

眉/モニター価格

2回セット 99,000円

リップ/非モニター価格

1回ごと 66,000円

リップ/モニター価格

2回セット 108,900円

ヘアライン/モニター価格

1回のみ 44,000円

※表示価格は税込です。
※各種クレジットカードをご利用いただけます。
※2回セットの場合、1回目施術日より10週間前後までが2回目施術の期限となります。

合併症・副作用

かさぶた

施術部位にかさぶたが出現しますが5~7日で剥がれ落ちます。

赤み

時間の経過とともに消失します。

腫れ

時間の経過とともに消失します。

ヘルペス

ヘルペス持ちの方は、リップの施術後、リップ全体にヘルペスが発症することがあります。ご希望されればヘルペス予防の内服薬を処方いたします。

微妙な左右非対称

人間の体は左右不対称であるため、施術後にも左右不対称は起こりえます。

アートメイクを受けられない方

  • ケロイド体質の方
  • 各種感染症(B型肝炎、C型肝炎、血友病等)の方
  • 抗がん剤治療前や治療中の方
  • メスを使用した美容整形手術を受けて1ヶ月以内の方
  • 重度のアトピーの方
  • 糖尿病の方
  • 緑内障、白内障の方
  • 皮膚病
  • ヘルペス

 
※当日の肌状態や疾患、デザインについて医師や施術者の判断により施術をお断りすることがあります。
※アレルギーの疑いがあり、施術を希望する場合は医師の判断のもとパッチテストを行います。パッチテストは72時間の経過観察が必要なため当日の施術はできません。

アートメイクのご予約

下記LINE友だちボタンより、友だち登録をしてください。
トーク画面のメニューよりアートメイク予約ボタンを押してください。
自動でご予約方法と問診用URLが返信されますので、案内に従い問診にご返答ください。
 
友だち追加
 
※問診内容を当院で確認後、アートメイク担当看護師のLINEをご案内いたします。友だち登録していただき、お名前をご連絡ください。
※問診内容をご返信いただいても、まだご予約完了ではありません。ご希望のお日にちと予約状況を確認し、ご相談させていただきますのでしばらくお待ちください。
※当院またはアートメイク担当看護師より3日経過しても連絡がない場合は、お手数ですが当院のLINEまでお問い合わせください。
※カウンセリングのお時間を含め、施術には3時間ほどかかります。お時間に余裕を持って、ご予約ください。
 
LINEをご利用でない方はこちらまでご連絡ください。

Q&A

Q. 痛みはありますか?

A. 眉やヘアラインの場合は、ほぼ痛みを感じない、または耐えられる程度の方がほとんどです。リップは痛みを感じやすい部位のため、麻酔で痛みを軽減しながら施術が可能です。カウンセリングや診察時にお気軽にご相談ください。

Q. 1回の施術で完了しますか?

A.施術直後から約一週間かけて色味は50%ほどに落ち着き定着します。1回で十分定着する方もいますが、2~3回ほど施術を重ねて定着の度合いをあげることで理想的な仕上がりとなります。また、定着後にピグメント(色素)が拡散する場合があります。

Q. ダウンタイムはありますか?

A. 眉やヘアラインは施術直後に赤みを帯びる場合がありますが、翌日には解消します。リップの場合、施術後2~3日腫れることが多いので、大切な予定がある方は避けることをおすすめいたします。

Q. 施術前に気をつけることはありますか?

A. アートメイク施術日前後3週間は、ピーリングや脱毛などを行うと色素の定着が悪くなる恐れがありますので、お避けください。

Q. 施術当日はすっぴんで来院した方がよろしいですか?

A. 普段どおりのメイクでお越しください。メイクをしてきていただくことで、患者様の好みを把握しやすくなります。

Q. 施術はどのくらいかかりますか?

A. カウンセリング等のお時間も含めて2時間半ほどかかります。お時間に余裕を持って、ご予約をお取りください。

Q. アートメイクはどのくらい持続しますか?

A. アートメイクは刺青と違い永久的に持続しません。アートメイクの持続期間は約1~3年と言われています。これは施術後のアフターケアや肌質、ライフスタイルによって変動し、個人差があります。また、色素が定着せず100%落ちてしまう場合もあります。初回の施術後の定着・発色の度合いにも個人差があります

Q. アフターケアの方法は?

A. 5日~1週間ワセリンをぬって保護します。アフターケアの方法は施術部位により異なりますので、施術の際にスタッフより詳しくご説明いたします。

Q. 施術当日から洗顔や入浴は可能ですか?

A. 施術当日は、腫れ・炎症を防ぐためシャワー浴を推奨しております。
施術から10日間は汗をかくような行為(サウナ・激しい運動)、日焼け、施術部位への摩擦はお控えください。また、感染予防のため施術後10日間は公共の温泉、プール、海水浴も控えてください。

Q. 2回目を受けるタイミングは?

A. 2回目以降の施術に関しては施術日より1か月~3か月後の間で行うことをお勧めします。(モニター2回セットの場合は1回目施術日より2か月後までが2回目の期限です)

Q. 他にやりたい美容の施術があるのですが、どのくらい間隔をあけたらいいですか?

A. 美容施術(手術、注入、レーザー治療)の予定がある場合はデザインが崩れる可能性があるため完了・完治後後1か月は空けてください。また、今後予定がある場合は施術の内容によってはアートメイクの施術をお勧めしない場合があります。ピーリングやレーザー治療、眉の脱色もアートメイクの施術前後3週間は空けてください。

Q. MRI検査に影響はでますか?

A. ごく稀にアートメイク施術後にMRIを受けると、アートメイクをした部位にピリピリとした痛みを感じることがあります。これはピグメントの成分が人体に害のない“微量な金属質”に反応するためです。
当院で使用しているピグメントはこのようなことが起こらないといわれているメーカーのものを使用しておりますが、MRI機器がより高性能なものになった際には反応する可能性もあります。MRIを受ける際には必ず主治医にアートメイクをしていることをお伝えください

Q. 施術後にデザインの修正などはできますか?

A. アートメイクのデザインは施術者と患者様の確認のもと決定します。
施術後の無料でのデザイン修正、ピグメントの除去や施術料の返金は承れませんので必ずご納得の上施術を受けてください