GLP-1ダイエット内服薬

 
GLP-1は、元々、ヒトの体内に存在するホルモンです。
従来のGLP-1ダイエットは注射製剤のみでしたが、リベルサスはGLP-1受容体作動薬で世界で初めての経口薬として誕生しました。
日本では2020年6月に2型糖尿病治療薬を、効能又は効果として製造販売承認を取得、2021年2月に販売を開始しました。
日本国内では、GLP-1は肥満治療には保険診療での承認を得られていないため、自由診療となります。
GLP-1で胃の働きを抑えることにより少量の食事で満腹感を得られやすくし、摂取カロリーを抑えることによって、体重が減少することを狙いとするダイエット法です。
 
初診時からオンライン診療が受けられます。詳しくはこちら
 
当院では月16,500円~55,000円と続け安い料金設定としております。

 

リベルサス

GLP-1ダイエット内服薬の特徴

自然に食欲が落ちる

GLP-1の働きにより、空腹時に少量を食べただけで満腹感が得られるため摂取カロリーが減り自然に体重が落ちていきます。

ストレスを感じにくい

食事を自分の意思で減らすダイエットはストレスを感じやすいですが、GLP-1ダイエットによるダイエットは自然に食欲が落ちますのでストレスを感じにくいです。

注射が苦手な方も安心

今までGLP-1ダイエットに興味はあれど注射に抵抗を感じていた方にオススメです。1日1回服用するだけなので、忙しい方にもピッタリです。

日本国内で承認済み

日本国内で2020年6月に新しく承認された世界唯一のGLP-1内服薬です。
2019年9月にアメリカFDA(日本の厚生労働省)でも承認されています。
 

GLP-1ダイエット内服薬の使い方・副作用

■使い方

  1. 最初の1週間は副作用が起こらないよう、少量の3mgから服用します。
  2. 朝起きて空腹時にコップ約半分の水で1錠服用します。最低30分は食事・飲水は控えてください。より高い効果を出すためには、120分は飲食を控えることをおすすめします。
  3. 1日1回3mgの服用を4週間続け、食欲が抑えられているようであればそのまま続けてください。
  4. 食欲の抑制を感じられなくなった時は、7mgの薬にします。
  5. 朝飲むと夜にお腹が空いてしまう場合は、昼食をとってから4時間後ぐらいに内服してみてください。
 

■副作用

  • 治療初期に胃部不快感・胃が張っている感じ・頭痛・便秘・下痢といった消化器症状が出ることがあります。
 

より効果を出すために

ブドウ糖再吸収阻害薬(カナグル)も併用可能

血中に含まれるブドウ糖を尿と一緒に体外に排出するSGLT2阻害薬という薬剤。
血中のブドウ糖は、腎臓で一度、濾(こ)された後、尿細管というところから再吸収されるのですが、その再吸収を阻害することによりブドウ糖を尿と一緒に排出します。
1日あたり約400キロカロリーのブドウ糖が排出され、ダイエット効果を発揮します。
単独の使用ですと血糖値が下がるために空腹感が強くでますが、GLP-1ダイエット注射と組み合わせることによって空腹感を抑えることが可能です。

■副作用

  • 低血糖症状(動悸、発汗、手足のふるえ、眠気、意識消失)
  • 脱水症状
  • 頻尿
  • 膀胱炎(特に女性の場合)
  • カンジダ性膣炎(女性の場合)

以下の方は服用することができません。

  • 重い感染症にかかっている方
  • 1ヶ月以内に手術をうけた方
  • 手術の予定のある方
  • 大きな怪我をしている方

料金

初診料

3,300円

再診料

1,100円

オンライン診療予約料

1,100円

GLP-1ダイエット内服薬(リベルサス)

 3mg  16,500円(30日分)

 7mg  33,000円(30日分)

 14mg 55,000円(30日分)

ブドウ糖再吸収阻害薬(カナグル)

30日分 16,500円

便秘薬

酸化マグネシウム100錠 1,100円

※表示価格は税込です。
※クレジットカードをご使用いただけます。
※送料は無料です。

オンライン診療(遠隔診療)について

当院ではGLP-1ダイエット注射に対して、初診時よりオンライン診察(スマホ・パソコンをつかった診察)を行っております。
クリニクス(CLINICS)というアプリを下記のボタンからダウンロードしてください。
パソコンの場合、カメラ・マイクが必要です。また、パソコンの方はchromeというブラウザのインストールが必要になります。

   

CLINICS(クレジットカード決済)の大まかな流れ

  1. アプリ(クリニクス)のダウンロード
  2. アカウント作成
  3. アプリを立ち上げ、しむら皮膚科クリニックを検索してください。
  4. 診察を予約。当日のご予約は、ご希望時間の1時間前まで可能です。
    初診の方はGLP1ダイエット内服薬初診外来をご予約ください。
    再診の方はGLP1ダイエット内服薬再来外来を再診コードEMP3VDJAを入力しご予約ください。初診がオンラインだった方は再診コードは不要です。
  5. ご自身の情報(氏名等、クレジットカード、問診票)を登録
  6. 予約時間になりましたら、PC、スマホ、タブレットのカメラ・マイクを使って診察
  7. 登録されたクレジットカードでお支払いが完了します。
  8. 後日、お薬を郵送でお届けします。

※お支払いはクレジットカード払いのみになります。
※オンライン診療予約料として1,100円(税込)が別途かかります。

Q&A

Q. GLP-1内服薬(リベルサス)に副作用はありますか?

A.効果・副作用ともに個人差があります。
治療初期に胃部不快感・胃が張っている感じ・頭痛・便秘・下痢といった消化器症状がでることがあります。
はじめは少量から投与し、徐々に体に慣らしていきます。

Q. ブドウ糖再吸収阻害薬(カナグル)に副作用はありますか?

A.手のふるえ、冷や汗、顔が蒼白い、動悸、疲れやすい、不安感といった低血糖症状や、のどの渇き、めまいなどの脱水症状、頻尿、膀胱炎などがあります。
低血糖の症状が現れ始めたらジュースなどの糖質を含むものをすぐに摂るようにしましょう。
脱水症状を予防するためにも適度な水分補給を心がけてください。
また女性は特に膀胱炎やカンジダ性膣炎になりやすい場合がありますので、尿意を我慢しないこと、トイレの後は清潔を保つこと、のどの渇きを感じる前にこまめな水分補給をするといったことに気をつけてください。

Q. どのくらいの量を飲めば効きますか?

A.GLP-1の効果はお一人お一人異なりますので、何mg飲めば効くというものではございません。
食欲の減少を実感いただかなければ、ダイエットの効果が見込めませんのでご自身で効き目を実感できる量まで調節する必要がございます。

Q. リバウンドしますか?

A. 食事を自分の意志の力で減らすダイエットはストレスが多く、その反動でダイエットを中止したときに食べすぎてしまいリバウンドしてしまいがちです。GLP-1ダイエット注射は自然に食欲が減り無理なくダイエット出来ますので中止した際のリバウンドは少ない印象です。

Q. オンライン診療の際の支払い方法は?

A. 診察後にクリニクスに登録したクレジットカードから自動的に決済されます。

Q.オンライン診療後の薬の送料はかかりますか?

A.送料は全国どこでも無料です。

Q. オンライン診療の予約ができるのは何日前までですか?

A.当日のご予約は、ご希望時間の1時間前まで予約が可能です。

Q. 中身がわからないように薬を発送してもらうことは可能ですか?

A. ご要望をいただければ、当院の名を出さず院長(男性)もしくは副院長(女性の)の個人名と表記することが可能です。