エキシマライト ターゲット型紫外線療法

 
尋常性白斑 > エキシマライト ターゲット型紫外線療法
円形脱毛症 > エキシマライト ターゲット型紫外線療法
乾癬 > エキシマライト ターゲット型紫外線療法
 

  • 白斑、乾癬、掌蹠膿疱症、円形脱毛症などに対する紫外線治療の中でもエキシマライトを使用した最新の治療です。
  • 従来の紫外線療法(PUVA、ナローバンドUVB)よりも少ない回数で改善効果を認めやすく効果の持続も長いとされています。
  • また従来の紫外線療法で改善しにくかった皮膚病変にも効果があることが確認されています。
  • 病変の範囲が広い場合は全身照射型ナローバンドUVBによる治療を行います。
  • 健康保険適応となり、1回約1000円です。(一部、適応外疾患あり。下記参照)

 
下記のQ&Aもご覧下さい。

保険適応

  • 円形脱毛症
  • 尋常性白斑
  • 尋常性乾癬
  • 掌蹠膿疱症
  • アトピー性皮膚炎
  • 慢性苔癬状粃糠疹(類乾癬)
  • 菌状息肉症

 

保険適応外

  • 結節性痒疹
  • 異汗性湿疹
  • 扁平苔癬

EXCILITE-μ

 
これまでの紫外線照射治療は、広範囲の照射しか出来ず、その為に光の強度が弱くなかなか治療効果が見られませんでした。
このエキシライト-マイクロは、ターゲット型紫外線照射装置であり、波長308ナノメーターの紫外線(UVB)を疾患部位に照射します。
1回あたりの所要時間は数秒~数10秒であり、治療前の薬品の塗布や内服も必要ありません。
痛みはありませんが若干の熱さを感じることはあります。
1週間に1~2回のペースで治療を行っていきます。

症例写真

モニターさんの治療経過です。

症例1


尋常性乾癬治療前

4回照射

症例2


爪乾癬治療前

2回照射

症例3


尋常性乾癬治療前

8回照射

症例4


尋常性白斑治療前

5回照射

症例5


尋常性白斑治療前

33回照射

症例6


掌蹠膿疱症治療前

15回照射

症例7


円形脱毛症治療前

8回照射

症例8


円形脱毛症治療前

11回照射

Q&A

Q. 通い方は?

A. はじめのうちは、週2回のペースで通われるのをお勧めします。その後は症状の改善に合わせ通院頻度を減らしていきます。

Q. 治療時間はどれくらいですか?

A. 1箇所あたり、5秒~90秒です。症状を見ながら、照射時間を徐々に伸ばしていきます。1回に照射出来る範囲は5×6cmです。
正常部位に紫外線が当たらないように日焼け止めを塗る必要がありますので、広範囲の場合は1時間程度かかることもあります。

Q. 治療は痛いですか?

A. 痛みはありませんが、若干の熱さを感じることがあります。

Q. 治療後はどうなりますか?

A. 照射部位に一致して赤みが出ますが、3、4日で消える場合がほとんどです。赤みが出なかった場合は次回の照射時間を長くします。
強めに施行した場合、赤みが長く続いたり、水ぶくれ(軽いヤケド)ができることもあります。
回数を重ねると、照射部位に一致して色素沈着(日焼け)が起こります。照射を中断すれば、元に戻ります。

Q. どれくらいで効果がでますか?

A. 乾癬の場合は、3~4回で効果が見られることが多いです。円形脱毛症・白斑の場合は、効果がでる方は10回以内で色素再生が見られます。
残念がら、効果の見られない方もおられます。

Q. 効果は持続しますか?

A. 一定期間は効果が持続しますが、症状が再燃してくることも多いです。

Q. 予約は必要ですか?

A. 予約不要です。当日から施行可能です。

お問い合わせ
お問い合わせ
TOP
TOP
TOP
TOP