刺青(タトゥー)除去

 
タトゥーイメージ
当院では、刺青(タトゥー)の除去を、ピコレーザー(Pico Sure)・レーザー手術・切除手術の3種類の方法で行っています。
 
レーザー(ピコレーザー、QスイッチYAGレーザー)による刺青除去の平均治療回数は3~10回です。最新のピコレーザーを導入し、すべての色に対応可能です。(赤色はYAGレーザーでの治療となります。) 残念ながら、完全に跡形もなかったようになるのは難しく、刺青のあった部分は正常皮膚より色が白くなることが多く、形は少し残ってしまいます。
 
レーザー手術とは炭酸ガスレーザーを用い皮膚を削りながらピコレーザーを当て、1回の治療で刺青を除去を目指す治療法です。炭酸ガスレーザーで削った部分は深いヤケド状態になりますのでケロイド状態を経て、最終的には白く少し硬い皮膚になります。
 
切除手術は、細長い刺青や小さい刺青をメスで切り取って縫合する治療法です。大きさや部位によっては1回の手術で取りきれませんので2~3回に分けて行うこともあります。縫合した傷跡は残り、部位によってはケロイド状になることもあります。ケロイド状になった場合も時間が経つと少しずつ改善していきます。

各治療の違い

 

  レーザー治療 レーザー手術 切除手術
サイズが小さい
サイズが大きい
形が長細い
黒・青・紫・茶色・緑
赤・オレンジ・黄色
治療回数 3~10回 1回 1回~3回

ピコレーザー 

 
ピコレーザー
今までタトゥー(入れ墨、刺青)のレーザー治療はQスイッチレーザーというレーザーが主流でした。ある一定の量の光をどれくらいの時間で皮膚に照射するかで治療効果が変わってきます。Qスイッチレーザーはナノ秒という単位でレーザーを照射していましたが、ピコレーザーはナノ秒の1000分の1のピコ秒でレーザーを照射します。それにより、今までレーザー治療では対応の難しかった赤色や橙色や黄色といった明るい色のタトゥーにも効果を発揮します。
 
従来のQスイッチレーザーではタトゥーのインクや周囲の細胞に熱を与えることで色素を破壊していますが、 PicoSureに搭載されているピコセカンドレーザーは最新のテクノロジーであるPressureWave™技術を利用し、微粒子へと破壊することで身体の代謝により除去することができます。そのため、今までのQスイッチレーザーより少ない回数で刺青を除去出来るようになっています。
 
当院で使用しているピコレーザー(PicoSure)は、タトゥー除去・シミ・シワ・ニキビ跡の分野で治療の効果や安全性を、日本の厚生労働省に相当する機関である米国FDAから承認されています。
また、日本の厚生労働省から医療機器製造販承認を受けています。
 
サイノシュアー株式会社 皮膚良性色素性疾患治療用レーザ装置 PicoSure
承認番号:30200BZX00153000

 
ピコレーザーとQスイッチYAGレーザーの効果比較

治療前

治療前
5回治療後

5回治療後
左 QスイッチYAGレーザー
右 ピコレーザー
治療費合計(左・QスイッチYAGレーザー):33,000円(税込)
治療費合計(右・ピコレーザー):137,500円(税込)

※上記の症例の場合

症例写真

モニターさんの治療経過です。
 

レーザー治療の症例写真

症例1

ピコレーザー治療前

治療前
ピコレーザー2回治療

ピコレーザー治療2回
治療費合計:70,400円(税込・自費診療)

※上記の症例の場合

症例2

ピコレーザー治療前

治療前
ピコレーザー3回治療

ピコレーザー治療3回
治療費合計:82,500円(税込・自費診療)
※上記の症例の場合

症例3

ピコレーザー治療前

治療前
ピコレーザー4回治療

ピコレーザー治療4回
治療費合計:184,800円(税込・自費診療)
※上記の症例の場合

症例4

ピコレーザー治療前

治療前
ピコレーザー4回治療

ピコレーザー治療4回
治療費合計:162,800円(税込・自費診療)
※上記の症例の場合

症例5

治療前

治療前
治療後約5年経過

治療後 約5年経過
QスイッチYAGレーザー4回
ピコレーザー治療2回
治療費合計:211,200円(税込・自費診療)
※上記の症例の場合

レーザー手術の症例写真

症例1

レーザー手術治療前

治療前
レーザー手術治療後10ヶ月

手術後 10ヶ月
治療費合計:107,800円(税込・自費診療)
※上記の症例の場合

料金

クレジットカードが使用できます。

初診料

3,300円

再診料

1,100円

ピコレーザー(Pico Sure)

1㎠ 11,000円

1~5㎠ 19,800円

6~10㎠ 27,500円

11~30㎠ 35,200円

31~50㎠ 40,700円

51~100㎠ 46,200円

101~150㎠ 50,600円

151~250㎠ 61,600円

251~300㎠ 73,700円

301~350㎠ 83,600円

351~400㎠ 93,500円

401~450㎠ 101,200円

※料金は1回あたりの治療費です。

※クレジットカードの面積は46㎠、ハガキの面積は150㎠です。

※450㎠を超える場合は、端数分の面積の価格の半額をプラスした価格となります。

例)600㎠: 450㎠+150㎠→101,200円+25,300円=126,500円

レーザー手術

手術基本料金 55,000円

1㎠あたり3,300円ずつ追加となります。

クレジットカードサイズ(46㎠)で計206,800円となります。

切除手術

手術基本料金 33,000円

切除線の全周1cmにつき5,500円

例:1cmの円い刺青を切除するときは切除線が全周で6cmほどになるので66,000円

笑気麻酔

3,300円

※表示価格は税込です。
※麻酔代は含まれております。

合併症・副作用

ピコレーザー

感染

細菌による炎症

色素沈着

施術後は色素沈着が起こりやすくなります。時間の経過と共に薄くなっていきます。

水ぶくれ

照射した部位に軽いやけどのような症状がでますが、2週間ほどで治癒し、跡も残りません、

赤み

照射した部位に部位に軽いやけどのような症状がでますが、数日程度で治癒します。

かさぶた

照射した部位に部位に赤みが発生した後、かさぶたになります。1~2週間ほどで自然に剥がれた後にタトゥーが薄くなります。

色素脱失

多量のタトゥー色素が入っている部分で起きる可能性が高くなります。照射部分の肌が周囲の皮膚と比べ白くなってしまいます。

肥厚性瘢痕(ケロイド)

傷跡の中でも、膨らみや硬さが強いものです。原因は、遺伝性のため術前には防御することができません。ただし、治療法があります。

 

レーザー手術

赤み

照射した部位に部位に軽いやけどのような症状がでますが、数日程度で治癒します。

肥厚性瘢痕(ケロイド)

傷跡の中でも、膨らみや硬さが強いものです。原因は、遺伝性のため術前には防御することができません。ただし、治療法があります。

 

切除手術

感染

細菌による炎症

血腫

体内で出血が起き、塊となって腫れ上がる場合があります。症状によっては血腫の切除手術を行います。

ひきつり

皮膚の周りを引っ張って縫い合わせるので、皮膚を引っ張られているようなひきつりの症状が起こる場合があります。

肥厚性瘢痕(ケロイド)

傷跡の中でも、膨らみや硬さが強いものです。原因は、遺伝性のため術前には防御することができません。ただし、治療法があります。

縫合不全

縫合した部位が何らかの原因により開いてしまうことがあります。術後1ヶ月ほどは激しい運動などは避けるようにしてください。