小陰唇縮小(形成)術

小陰唇(膣の周りのびらびら)が大きくて性交時に痛い、見た目が恥ずかしい、左右で大きさが違うなどの問題を解決するために小陰唇の余剰皮膚を切除し携帯を整える手術が小陰唇縮小術です。
 
当院には女性医師がおりますので、男性の医師に診られるのが恥ずかしいという方もお気軽に診察・治療をお受けいただけます。 

小陰唇縮小術の適応

  • 小陰唇が大きい
  • 小陰唇の左右差が気になる
  • 小陰唇のシワが多くて気になる

治療の流れ

 

  1. 女性医師による診察。男性医師も選べます。
  2. 記録写真撮影
  3. 局所麻酔。麻酔後10分ほどお待ちいただきます。
  4. 手術。片方で15分くらいです。
  5. 会計
  6. 帰宅。当日より入浴いただけます。
  7. 7日~10日後に抜糸いたします。
  8. 1ヶ月後、3ヶ月後に経過観察の再診をお願いしています。

 手術料金 

  • 自費診療となります。
  • クレジットカードをご使用いただけます。
初診料

3,000円

再診料

1,000円

手術料金

左右 120,000円
片側 70,000円

※別途、消費税を頂戴しております。
※術後抗生剤・痛み止めの料金を含みます。
クリトリス包茎手術も同時に施術可能です。

合併症・副作用

感染

細菌による炎症

血腫

術後、皮膚の下に出血が起こり血液が貯留する

出血

術後にやや多い出血を起こす

内出血

術後概ね起こる皮下の血液の組織への浸透で、自然に吸収されます。

瘢痕(傷跡)

全ての皮膚切開創は、多少の傷跡が残ります。肌質的に目立つ人もいます。

肥厚性瘢痕(ケロイド)

傷跡の中でも、膨らみや硬さが強いものです。原因は、遺伝性のため術前には防御することができません。ただし、治療法がございます。

予定形態との差

なるべく患者さまの意見はとりいれるようにしますが、完全な表現は無理がある場合があります。

微妙な左右不対称

人間の体は左右不対称であるため、手術後にも左右不対称は起こりえます。

Q&A

Q. 手術は初診日に受けられますか?

A. 初診日に手術可能です。

Q. 生理中でも受けられますか?

A. 可能です。タンポンを挿入してご来院ください。

Q. 手術は痛いですか?

A. 局所麻酔時に痛みがありますが、手術中は痛みはありません。

Q. 手術後は痛いですか?

A. 当日、翌日ぐらいまで痛みが続くことがありますが、ごく軽いものです。

 Q. 手術後の処置は?

A. 手術当日からシャワー浴は可能です。浴槽への入浴は指示に従ってください。消毒等は不要です。石鹸で優しくお洗いください。

Q. 感覚の変化は生じますか?

A. 感覚の変化はありません。

Q. しこり、硬さなどが戻るのはどれくらいかかりますか?

A. 個人差はありますが3ヶ月ほどです。

Q. 通院回数は?

A. 初診日、手術日(初診日に可能です)、抜糸日、経過観察(1ヶ月後、3ヶ月後)の4,5回になります。

Q. 性行為はいつから可能ですか?

A. 術後3週間から可能ですが、初期には若干の痛みを感じるかもしれません。

お問い合わせ
お問い合わせ
TOP
TOP
TOP
TOP