弾性ワイヤー法

 

  • 巻き爪に対する痛みのない治療です。
  • 爪の2か所(皮膚から飛び出た部分の爪)に穴をあけて、特殊合金製のワイヤーを通し、そのワイヤーの元に戻ろうとする力を利用して巻き爪を矯正します。
  • 穴をあけるために爪を伸ばしていただく必要がありますので初診時に処置を希望される方は爪の白い部分を2,3mmのばしてから来院してください。
  • ワイヤーを爪の中間部に付けるコレクティオによる治療も行っています。
  • 爪の先にクリップをつける治療も行なっております。
  • 陥入爪の手術についてはこちらをご覧ください。

料金

初診料

3,000円

再診料

1,000円

処置料

4,000円(1指につき)

薬剤料

500円

※別途、消費税を頂戴しております。

症例写真

モニターさんの治療経過です。

症例1

治療中 高度な巻き爪です。

治療中
高度な巻き爪です。
治療直後 ワイヤーを通した直後の写真です。

治療直後
ワイヤーを通した直後の写真です。
治療後 2週間後にワイヤーを外して終了となりました。

治療後
2週間後にワイヤーを外して終了となりました。

症例2

治療中 高度な巻き爪です。

治療中
高度な巻き爪です。
治療直後 ワイヤーを通した直後の写真です。

治療直後
ワイヤーを通した直後の写真です。
治療後 2週間後にワイヤーを外して終了となりました。

治療後
2週間後にワイヤーを外して終了となりました。

症例3

治療前 左の方が巻きの強い巻き爪です。

治療前
左の方が巻きの強い巻き爪です。
治療直後 ワイヤーを通した直後の写真です。

治療直後
ワイヤーを通した直後の写真です。
治療2週間後 治療2週間後。ちょっとしたテクニックを用いたため、2週間で根元まで矯正されています。

治療2週間後
治療2週間後。ちょっとしたテクニックを用いたため、2週間で根元まで矯正されています。
治療2週後 爪を切ってワイヤーを外しました。わずか2週間で非常に満足できる結果となりました。

治療2週後
爪を切ってワイヤーを外しました。わずか2週間で非常に満足できる結果となりました。

Q&A

Q. どのような場合、この治療の適応になりますか?

A. 足の親指の爪が鈍角的に丸く巻いている場合です。鋭角的に曲がっている場合(陥入爪)はフェノール法をお勧めします。

Q. どのような治療ですか?

A. 爪に2ヶ所0.5mm程の穴を開け、そこに復元性の高いワイヤーを通すことにより、爪の形を矯正する治療です。

Q. どれくらいで効果がでますか?

A. 当日から爪の巻きが軽くなります。2週間ほどで最大のところまで矯正されます。

Q. 効果は持続しますか?

A. ワイヤーが入っている間は効果は持続します。ワイヤーを外した後は、徐々に戻る場合が多いようです。戻らないようにゆるすぎず、きつすぎずのちょうどいいサイズの靴を使用する必要もあります。

Q. 注意点はありますか?

A. 爪がある程度伸びてないと出来ない治療ですので、爪の先の白い部分を1mm以上伸ばして受診してください。

Q. 治療の時、痛みはありますか?

A. 治療の時、痛みはありません。爪に穴を開けますが、皮膚から飛び出た部分の爪に穴を開けます。

お問い合わせ
お問い合わせ
TOP
TOP
TOP
TOP